教育関連リンク集 画像・素材 コンピュータマニュアル集 ソフト集 本・情報 特 集 みんなで話そう 研究会概要 会員登録 TOP

周期彗星接近




本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星が2月11日地球に最接近します。


本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星
1948年12月3日に本田稔が倉敷市で発見した周期彗星である。本田、アントニーン・ムルコス、リュドミラ・パイドゥシャーコヴァーが共同発見者となった。周期は5.252年で太陽の周りをまわっており、2017年2月11日に地球に0.09AUまで接近する。
符号・別名  本田・ムルコス・パジュサコバ彗星
軌道要素 - IAUNASA
元期 2011年11月15.0日
離心率 (e)  0.8246
近日点距離 (q)  0.5296 AU
軌道長半径 (a)  3.02 AU
遠日点距離 (Q)  5.51 AU
公転周期 (P)  5.52 
軌道傾斜角 (i)  4.25°
近日点引数 (ω)  326.24°
昇交点黄経 (Ω)  89.005°
前回近日点通過  2011年9月28日
次回近日点通過  2016年12月29日
2月11日、彗星と地球との距離は1200万キロ余りと最も近くなる。肉眼でも見えるほど明るくなる可能性があり、緑に輝く氷の玉のようだ。
わし座とヘラクレス座の間を抜けて明け方の空に姿を見せる。
※今年は天体ショーが続きます。

※3月29日に水星と火星と月が接近する。日没直後に西の空に細い月と右下に水星、二つの星の上に赤みがかった火星が三角形をつくる。
※4月10日には満月の月に木星が大接近する。
※11月13日の明け方には金星と木星が大接近する。